カートをみる マイページへ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

草津・守山・栗東・野洲の昭和

なつかしきあの日、あの時。

心に残る思い出──「昭和」。

滋賀県──草津市 守山市 栗東市 野洲市


 滋賀県の湖南に位置する草津市、守山市、栗東市、野洲市の郷愁誘う昭和時代の貴重な写真600点余りを収めた写真集。宿場のおもかげを伝える草津宿界隈、東海道や中山道のまちなみ、草津川隧道や川沿いの桜、活気あふれる商店街、町をゆく神輿や時代行列、工場誘致による開発の波と変わりゆく町の風景、開設まもない栗東トレーニング・センター、近江富士として知られる三上山、松茸狩りの名所として親しまれた金勝山、橋上化前の懐かしい草津駅や守山駅の駅舎、東海道本線を駆けた蒸気機関車、琵琶湖での舟遊びや漁の様子、懐かしの学び舎、炬火リレーも行われたびわこ国体、かつて多くの家族連れらで賑わった湖畔の人気レジャー施設、東海道を舞台に行われた映画ロケ、ご当地力士の凱旋で盛り上がった大相撲巡業など、多様な角度から、戦前、戦中、戦後と、時代とともに移りゆく草津・守山・栗東・野洲の昭和の風景やまちなみ、そしてそこに息づく市井の人の日常にふれることができる。
 さらにフォトコラムのページでは、三上村の悠紀斎田、ホタルの町として知られる守山のあゆみ、天井川から憩いの場へと生まれ変わった草津川やかつての暴れ川・野洲川の一本化のあゆみ、創業から110年余り、草津市の人と風景を撮り続ける町の写真館と写真家にも焦点を当てた。
 表紙画像は、草津市で昭和44年から開催されている「宿場まつり」の記念すべき第一回の模様をおさめた一枚である。

■掲載写真=約600点


■収録地域=草津市・守山市・栗東市・野洲市


■監修(敬称略)
 八杉 淳(滋賀県博物館協議会会長・草津市歴史文化活用調整員)

■執筆(敬称略・五十音順)
 岩間 一水(草津宿街道交流館館長)
 大西 稔子(栗東歴史民俗博物館館長)
 行俊 勉 (野洲市教育委員会教育部次長)
 渡邊 勇祐(守山市教育委員会 文化財保護課主査)

■執筆・編集・写真取材
 内藤 昌康(編集者・ライター・地方史研究家)


判 型  A4判、上製本
頁 数   280頁(カラーページ16頁)
発売日  2024年6月20日
本体価格 9,082円+税 
ISBN    978-4-911023-02-0

草津・守山・栗東・野洲の昭和

価格:

9,990円 (税込)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

■目次■

・巻頭カラー 色彩の記憶──カラー写真でたどる郷土の昭和

・地理・交通/「昭和の大合併」前の自治体図

・湖南地域(草津・守山・栗東・野洲の4市)の昭和略年表

1 戦前という時代
 ●フォトコラム  三上村の悠紀斎田

2 戦後復興期と発展への礎~昭和20年代から30年代へ
 ●フォトコラム  ホタルの町、守山

3 昭和の学び舎に集う

4 街道、国道、高速道路をゆく

5 賑わいの町へ~草津と守山の商店街
 ●フォトコラム  草津川旧景

6 古き良き時代の鉄道と変わりゆく駅

7 農村と湖畔の風景を巡る

8 急発展する地域~開発の波と工場の進出
 ●フォトコラム  暴れ野洲川を一本に

9 変わりゆくライフスタイル
 ●フォトコラム  西岡写真工房と西岡伸太

10 のびゆく地域と市民の時代~昭和40年代から50年代へ

ご注文の際は対象地域の書店、またはお近くの書店にもお問い合わせください。

ページトップへ