カートをみる マイページへ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

筑紫・太宰府の昭和

なつかしきあの日、あの時。

心に残る思い出──「昭和」。

福岡県──筑紫地域


福岡県の中でも都市圏に属し、近年は福岡市のベッドタウンとして人口が増加傾向にある筑紫地域(春日市・筑紫野市・大野城市・太宰府市・那珂川市)。新元号「令和」が発表された際には、その典拠が太宰府で行われた「梅花の宴」を記した万葉集の歌の序文にあるとして話題を集めた。そんな筑紫地域の、昭和時代の街並みや学び舎、駅舎などを1冊にまとめた写真アルバム「筑紫・太宰府の昭和」。太宰府天満宮に隣接する遊園地・だざいふえんなどもフォトコラムとして特集した。
初版1500部限定出版。表紙カバー写真は、賑わう太宰府天満宮のようす(昭和30年代)。

〈監修〉
高橋 愼二(タカハシ シンジ)/福岡県文化財保護指導委員

〈執筆〉
平田 善積(ヒラタ ヨシズミ)/郷土史家
茂 和敏(シゲ カズトシ)/歴史ガイドボランティアなかがわ
高橋 友江(タカハシ トモエ)/歴史ガイドボランティアなかがわ


判 型  A4判、上製本
頁 数   280頁(カラーページ16頁)
発売日  2020年9月11日
本体価格 9,082円+税 
ISBN  978-4-908436-50-5
1,500部限定



ご注文は対象地域の書店、またはお近くの書店にお問い合わせください。


筑紫・太宰府の昭和

価格:

9,990円 (税込)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

■目次■
巻頭カラー 色彩の記憶──カラー写真でたどる筑紫・太宰府の昭和

1 昭和の幕開き

  フォトコラム 片縄石

2 戦時下の暮らし

  フォトコラム 戦時下の学校生活

3 戦後の街並み

4 ふるさとの風景

  フォトコラム だざいふえん

5 鉄道、バス、自動車

6 祭りや伝統行事

7 暮らしを捉えたスナップ

8 わが町の出来事

  フォトコラム 那珂川の風流才子・松口月城

9 学び舎の記憶

  フォトコラム わんぱく、おてんばの時代

ページトップへ