カートをみる マイページへ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

『小説 二葉御殿−電力王と天才女優の遺した館』の主な内容

1、邂逅

  川越の神童/芸者になった箱入り娘/慶応入塾/髑髏狩り/狂犬の群れ/福沢桃介の

誕生

2、転機

  留学と就職/亀之助の上京/苦難

3、音二郎

  オッペケぺー節/華燭の宴/旅立ち/パリ万博

4、福松商会

  孤軍奮闘/飛将軍/九州制圧/桃介いよいよ名古屋に

5、帝国座

  正劇開眼/演劇改良/音二郎死去

6、二葉御殿

  追善興行/元の鞘/社長の席/森林鉄道/あめりか屋と非水/貞奴の暮らし/島崎広

  助/助っ人参上/二葉御殿の人々/放浪の仏師/客人たち/永久の別れ

7、それから

『小説 二葉御殿』に寄せて (堀内 守)

ページトップへ