カートをみる マイページへ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

ツルレコード 昭和流行歌物語

幻のレコード会社「アサヒ蓄音器商会」に関するはじめてのノンフィクション。
巻末には本邦初の同社ディスコグラフィーを掲載。


レコードがマスコミュニケーションの重要媒体となりはじめた昭和初期、巨大外資の波におののく日本のレコード業界に、新たな動きがあった。
東京と大阪の中間・名古屋で設立された新たなレコード会社「アサヒ蓄音器商会」(ツルレコード)は、昭和二年に日本初の電気吹込みレコードを発売。「大正ロマン」から「昭和モダン」、そして戦時下へと移り変わる激動の時代の中を、さまざまな奇策で乗り切っていく――。
日本流行歌史に燦然と輝くアサヒ蓄音器商会の歴史と、同社にまつわる人物たちに光を当てた、はじめてのノンフィクション。
巻末には、本邦初の「ツルレコード・昭和流行歌ディスコグラフィー」を所収。

ツルレコード 昭和流行歌物語

価格:

2,160円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る

【著者】
菊池 清麿(きくち・きよまろ)
1960年生まれ。明治大学政経学部卒、同大学院修了。音楽評論・歴史家。藤山一郎、古賀政男、古関裕而、服部良一、中山晋平など近代日本音楽家評伝を中心に著作活動。『日本流行歌変遷史 歌謡曲の誕生からJ・ポップの時代へ』(論創社)など著書多数。