カートをみる マイページへ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

【品切れ】 奈良市の昭和


なつかしきあの日、あの時。

心に残る思い出――「昭和」。

奈良県ー奈良市


奈良市全域を取材対象とし、「昭和」時代をとらえた写真を収録した圧巻のボリュームの写真集。
丹念な取材により集まった約5,500点の写真から、未公開写真を中心に600点超を選び出し、懐かしい街並みや商店街、激変した郊外の風景、懐かしい鉄道駅や元気な子どもたちの姿など、テーマごとに12の章に分けて紹介した。写真1点1点には、地元を深く知る執筆者による詳細な解説が付き、写っているものごとを多角的に読み取ることができる。
1,500部限定出版で、増刷は一切行わない。


〈執筆・監修〉
説田晃大(入江泰吉記念奈良市写真美術館 奈良市美術館兼任学芸員)

〈執筆〉
乾聰一郎(奈良県立図書情報館)
岡岩坂七雄(日本民俗学会会員)
大宮守友(一般財団法人氷室神社文化興隆財団代表理事)
西城浩志(京都大学鉄道研究会会員[OB]・「鉄道史料」編集長)
佐藤明俊(奈良県立図書情報館嘱託)
佐藤敦子(奈良県教育委員会事務局文化財保存課非常勤嘱託)
中澤静男(奈良教育大学准教授)
水谷友紀(京都造形芸術大学非常勤講師)
武藤康弘(奈良女子大学教授))
森川博之(精華町立図書館・元奈良県立図書情報館)
山上豊(奈良大学文学部非常勤講師)


判 型  A4判、上製本
頁 数   280頁(カラーページ16頁)
発売日  2015年8月8日 
本体価格 9,250円+税 
ISBN 978-4-902731-82-8

本書の内容について間違いがございました。
謹んでお詫び申し上げます。
訂正箇所につきましてはコチラから確認願います。



【品切れ】 奈良市の昭和

価格:

9,990円 (税込)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
携帯ページ

■本書の主な内容■

巻頭カラー 色彩の記憶──カラー写真でたどる古都奈良の昭和

1 古都の原風景

2 戦時下の奈良

      フォトコラム 入江泰吉が見た仏像疎開

3 戦前・戦中の学校教育

4 平穏を取り戻した暮らし

5 奈良観光と市民のレジャー

      フォトコラム ふたつの消えた遊園地

6 交通網の整備・発展とともに

      フォトコラム 近鉄地下化工事と油阪駅の廃止

      フォトコラム 幻の「奈良安全索道」

7 郊外と里山、名勝を巡る

      フォトコラム ダムに沈んだ月ヶ瀬

8 人びとのなりわいの光景

9 昔ながらの町、新しい町

10 年中行事と伝統行事

      フォトコラム 春日若宮おん祭り

11 追想― 奈良の出来事

      フォトコラム 良弁杉、倒れる

12 戦後の学び舎

      フォトコラム 早く来い布目川の水

――子どもたちがつないだ「メデシンウォーター」

      フォトコラム 子どもたちのスナップ

こちらもおすすめ

大和高田・御所・香芝・葛城の昭和

9,990円(税込)
2016/5/26発売

〈編集〉
樹林舎編集部

〈収録地域〉
奈良県―奈良県―大和高田市・御所市・香芝市・葛城市・上牧町・王寺町・広陵町・河合町

大和郡山・天理今昔写真集

10,260円(税込)
2009/6/29発売

〈監修〉
長田 光男

〈収録地域〉
奈良県−大和郡山市・天理市・斑鳩市・安堵町・田原本町・川西町・三宅町