カートをみる マイページへ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

サムライ・ダイアリー 鸚鵡籠中記異聞

ブログもツイッターもない元禄の世。

平凡を絵に描いたようなサムライ、

朝日文左衛門が日記に託した意味とは?


今からおよそ300年前、天下泰平の元禄の世。
尾張名古屋の藩士・朝日文左衛門が26年もの間書きつづった日記
『鸚鵡籠中記(おうむろうちゅうき)』には、
本人以外誰も知らない“秘本”があった──。

『桃山ビート・トライブ』『青嵐の譜』の天野純希が描き出す新感覚時代小説。


「サムライだって人間だもの」
ブログもツイッターもない元禄の世に平凡を絵に描いたようなサムライが日記に託した意味とは?
尾張名古屋の藩士・朝日文左衛門が26年もの間書きつづった日記『鸚鵡籠中記(おうむろうちゅうき)』に、本人以外誰も知らない“異聞”があった──。
『桃山ビート・トライブ』『青嵐の譜』の著者が描き出す新感覚時代小説。

大好評発売中!

■作者コメント
むかしむかし、尾張名古屋に朝日文左衛門なる人物がおりました。
彼は尾張徳川家に仕えるれっきとしたお侍でありながら、
呑んべえ、女好き、芝居マニアというダメ男。
でも、そんじょそこらのダメ男とは違いました。
彼は、異常なまでの日記魔だったのです。
彼が二十六年と八ヶ月にわたって記した実在の日記『鸚鵡籠中記』を元にした、
泰平の世を生きたダメ男の、魂の彷徨の記録です。
肩肘張らず、とくとご覧あれ!

サムライ・ダイアリー 鸚鵡籠中記異聞

価格:

1,620円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
携帯ページ

著者略歴
天野純希
1979年名古屋市生まれ。愛知大学文学部卒業。
2007年、安土桃山時代を舞台にした青春音楽小説『桃山ビート・トライブ』で第20回小説すばる新人賞受賞。
続いて発表した『青嵐の譜』(2009)『南海の翼 長宗我部元親正伝』(2010)等で、新感覚の歴史小説家として高い評価を受ける。名古屋市在住。