カートをみる マイページへ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

【完売】古地図で見る名古屋

■完売■
ご好評により完売致しました。誠にありがとうございます。


江戸、大坂、京ともちがう、独自の発展をした城下町・名古屋。
その歴史と仕組みを解き明かし、町づくりの秘密に迫る全12図の迫力!2000部限定出版です。

判 型  A4判
頁 数   72頁
発売日  2008年10月31日
本体価格 9500円+税 
ISBN  978-4-902731-20-0

【完売】古地図で見る名古屋

価格:

10,260円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
携帯ページ

壮大美麗な絵図と古地図でよみがえる名古屋発展の軌跡
徳川幕府の軍事防衛拠点が、名古屋の始まりでした。武家中心の行政都市でしたたかに生きた町衆は、コツコツとものづくりの技を磨き続け、幕末維新の停滞をはねのけて、大工業都市を築きあげました。
そして今、名古屋はエコロジー・ライフを先導する文化都市へ。その街づくりの変貌の歴史を楽しく学べる、待望の古地図集がついに発刊です!
11枚の絵図・古地図(江戸時代=7図、明治以降=4図)に加え、今回は名古屋開府400年を記念して、もう1枚、元文3年(1738)に制作された「名古屋図」を特別付録として収録し、全部で12枚をご提供いたします。
(完全復刻を旨としますが、原図が巨大なため、収まりきらないものは縮小しました。絵図・古地図のサイズは、新聞紙見開き大を基準とし、この倍のサイズもありますので、広げて御覧になる場合は、あらかじめ場所の確保をお願いいたします)
この絵図・古地図集には、『図説 絵図と古地図で見る名古屋の変遷』という解説書(A4判)が1冊付きます。ここには、収録される12枚の図版の解説はもとより、そのほか、貴重な絵図がふんだんに掲載され、復刻絵図・古地図とともに、超一級の歴史資料として永久保存版を目指しました。


尾府名古屋図 約157×166cm 正徳4年(1714年) 名古屋市蓬左文庫所蔵


名古屋明細全図 79.5×110cm 明治26年(1893年) 松山昌平氏所蔵


大名古屋新区制地図 78.4×54.1cm 昭和13年(1938年) 愛知県図書館所蔵
     

今なら付いてる大特典! 

 『古地図で見る名古屋』には11枚の絵図・古地図が収録されますが、今回の限定2000部にかぎり、元文3(1738)年の原図を現代語に置き換えて復刻した大絵図(下記の図版=新聞紙見開き大の2倍)が、特典で付いてきます。二度と入手できないチャンス!
元文3年名古屋図

「大図説 古地図で見る名古屋」に収録されるもの

  ■江戸時代絵図11枚+明治以降の古地図4枚
  ■特別大付録「名古屋名蹟年表」附図(元文3年(1738)名古屋図の復元」1枚
  ■解説書「図説 絵図と古地図で見る名古屋の変遷」1冊
  「名古屋名蹟年表」附図
   名古屋村古図面 慶長以前ほか5枚
   名古屋城下図 元録7年(1694年)
   尾附名古屋図 正徳4年(1714年)
   名古屋図 享保18年(1733年)
   名護屋図 寛延元年〜宝暦13年(1748〜1763年)頃
   名古屋城下図 (名古屋舊図)慶応元年〜2年(1865〜66年)
   尾張國図2枚 江戸中期、明治5年(1872年)
   名古屋明細全図 明治26年(1893年)
   名古屋市新地図 大正11年(1922年)
   大名古屋新区制地図 昭和13年(1938年)
   大名古屋市新全図 昭和30年(1955年)